学校のメール乗っ取られる、茨城 1500通、不正送信

 茨城県取手市教育委員会は23日、市立取手小のメールアカウントが乗っ取られ、外部へ1523通のスパムメールが不正に送信されたと発表した。

 市教委によると、男性教諭が21日午前、配信に失敗し、戻ってきた受信メールが複数あるのを見つけて市教委に報告。システムの管理会社や市教委が調べた結果、約1500通の送信履歴が残っていた。ほとんどがロシア語で書かれ、インターネットサイトに誘導する内容だった。

 他校や市教委とやりとりしたメールや、アドレス帳に登録されていた他校や官公庁などのメールアドレスが閲覧された可能性もあるが、個人情報の流出は確認されていないという。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索