スバル群馬製作所社員が過労自殺 叱責や残業、労災と認定

スバル群馬製作所社員が過労自殺 叱責や残業、労災と認定

 SUBARU(スバル)群馬製作所(群馬県太田市)の46歳の男性社員=埼玉県=が2016年12月に自殺し、太田労働基準監督署が労災と認定していたことが24日、分かった。上司からの叱責や月の残業が100時間を超える長時間労働でうつ病を発症したのが原因としている。遺族の弁護士が同日、東京都内で記者会見して明らかにした。

 玉木一成弁護士によると、男性は普段、午後5時ごろに入館ゲートで一度退館手続きをした上で職場に戻り、仕事を続けていた。

 スバルは「事態を防げず大変遺憾に思う。適切な業務指導をするよう徹底し、従業員の健康確保に一層配慮する」とのコメントを出した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索