都内の女子大生、11月から不明 警視庁、関係者から聴取

 東京都葛飾区に住む女子大生(19)が昨年11月下旬から行方不明になり、警視庁が捜査していることが24日、捜査関係者への取材で分かった。最後に足取りが確認できたのは茨城県神栖市だった。警視庁は事件に巻き込まれた可能性があるとみて、失踪直前に女子大生と一緒にいたという同市の30代男性ら、事情を知っているとみられる関係者から任意で聴取。男性の自宅を家宅捜索し、慎重に調べている。

 捜査関係者によると、女子大生は栃木県出身。葛飾区内で1人暮らしをしていた。昨年11月20日、都内の薬科大で授業に出席した後、音信不通となった。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索