老健施設で集団インフル、秋田 89歳の女性死亡

 秋田市の介護老人保健施設「山盛苑」は3日、入所者ら16人がインフルエンザに集団感染し、このうち入所者女性(89)が2日に死亡したと発表した。「死因は老衰だが、インフルエンザとの関連は否定できない」としている。

 宮下正弘施設長は施設で記者会見を開き、感染者の内訳について、入所者は女性を含め14人、職員2人だと明らかにした。女性は2日朝にインフルエンザ感染が確認され、同日夜死亡。昨年12月末から終末期医療を受けていたと説明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索