父の暴行「かわいそう」 母供述、千葉の小4女児死亡

 千葉県野田市立小4年の栗原心愛さん(10)が自宅浴室で死亡し、傷害容疑で両親が逮捕された事件で、母なぎさ容疑者(32)が、父勇一郎容疑者(41)の心愛さんへの暴行を巡り「目の前でずっと立たされたり、たたかれたりするのは、かわいそうだったが、止めても無駄だと思った」という趣旨の供述をしていることが12日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、なぎさ容疑者は、夫婦の力関係を「自分は支配下にあった」とも説明。県警はドメスティックバイオレンス(DV)を受けていたとの情報を把握しており、暴行を黙認していたとみて関与の度合いを調べている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索