信金職員刺殺で情報提供呼び掛け 発生から14年、東京都府中市

信金職員刺殺で情報提供呼び掛け 発生から14年、東京都府中市

 東京都府中市の多摩中央信用金庫(現・多摩信用金庫)府中支店の職員だった後藤博樹さん=当時(39)=が刺殺された事件は未解決のまま14年が過ぎ、母親リウさん(75)が16日、現場に近い京王線府中駅前で「今も悔しさとぶつけようのない怒りがこみ上げてくる」と訴え、情報提供を呼び掛けた。

 リウさんはこの日、警視庁府中署員や信金職員ら約80人とともに、行き交う人に頭を下げながら、事件概要が書かれたチラシ入りのティッシュを配布。マイクを使って「息子の無念の思いを晴らしてあげたいと思いながら生きてきた」と振り返った。情報提供は府中署へ。電話042(360)0110。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索