スキー2人不明見つからず、新潟 コース外で滑走、18日再捜索

 新潟県警や地元消防などは17日午後、同県湯沢町の神楽ケ峰で、スキー場のコース外で自然の斜面を滑るバックカントリースキーをしていて16日から行方不明になった男性2人の捜索をいったん打ち切った。見つかっていないが、悪天候のため中止した。18日朝から再開する方針。

 南魚沼署によると、2人は神奈川県藤沢市の大川隆央さん(59)と、東京都世田谷区の加藤康博さん(38)。1泊2日の日程でスキーに訪れていたが、宿泊予定の山小屋に来ておらず、知人が通報した。16日正午ごろ、2人は山頂でその知人に偶然会い、「東側の方面を滑る」と話していた。携帯電話はつながらない状態。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索