農業アイドル自殺訴訟で初弁論 遺族「真実明らかに」東京地裁

 愛媛県を拠点に活動する農業アイドル「愛の葉Girls」のメンバーだった大本萌景さん=当時(16)=が自殺したのは、所属会社「Hプロジェクト」(松山市)のパワハラや過酷な労働環境が原因だとして、遺族が同社や社長らに損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、東京地裁で開かれた。母幸栄さん(43)が意見陳述し「萌景は二度と戻ってこない。裁判で真実を明らかにしてほしい」と涙ながらに訴えた。

 会社側は争う姿勢を示した。弁論後、会社側代理人の渥美陽子弁護士は東京都内で記者会見し「拘束時間は自由時間を含んだもので過重労働はなかった」と話した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索