海自セミナーに韓国軍参加へ レーダー照射後初の交流

 海上自衛隊は19日、東京などで2月末から3月上旬に開く国際セミナーに韓国海軍の中佐が参加すると明らかにした。昨年12月に韓国海軍艦艇による自衛隊機への火器管制レーダー照射問題が発生してから、初めての日韓防衛交流となる。

 村川豊海上幕僚長は定例記者会見で「韓国は、この地域の平和と安定を図る上で極めて重要な国。セミナーに韓国が参加することは地域の安全保障に資する」と述べた。

 セミナーは海自主催で1998年から毎年開かれ今年で22回目。韓国は全て参加しており、今年は6年ぶりに中国も参加するなど計18カ国の海軍大学教官らが来日する。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索