過失致死容疑で祖父母を書類送検 孫が飼い犬にかまれ死亡

 東京都八王子市で2017年、室内に放し飼いにされた大型犬のゴールデンレトリバーに生後10カ月の女児がかまれて死亡する事故があり、警視庁南大沢署は19日、過失致死の疑いで、犬を飼っていた祖父(60)と祖母(58)=いずれも東京都八王子市=を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。

 容疑は17年3月9日午後4時半ごろ、ゴールデンレトリバーを自宅の室内で飼育し、人に危害を与えないよう注意する義務を怠ったことにより、頭をかまれた孫の安田翠ちゃんを失血死させた疑い。

 捜査関係者によると、2人は容疑を認めている。住宅は母親の実家で、一時的に預けられていた。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索