横領公判でデヴィ夫人意見陳述 「正当な裁き受けて」

 タレントのデヴィ夫人(79)が代表を務める芸能事務所「オフィス・デヴィ・スカルノ」(東京)の運営費を着服したとして、業務上横領罪に問われた事務所の元経理担当辻村秀一郎被告(61)の公判が21日、東京地裁で開かれ、デヴィ夫人が「正当な司法の裁きを受けるべきです」と意見陳述した。検察側が懲役4年6月を求刑し、結審した。判決は3月5日。

 デヴィ夫人は、横領の一部しか罪に問われていないと訴え「落胆し、絶望した。到底納得できません」とも述べた。

 これに先だって行われた被告人質問で、辻村被告は動機を「夫人の困る顔が見たかった」と説明した。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索