墜落の空自戦闘機か、海底で発見 山口県見島沖、塗装を確認

墜落の空自戦闘機か、海底で発見 山口県見島沖、塗装を確認

 丸茂吉成航空幕僚長は22日の定例記者会見で、山口県・見島沖の日本海に墜落した航空自衛隊築城基地(福岡県)所属のF2戦闘機とみられる機体が、現場付近の深さ約100メートルの海底で見つかったと明らかにした。空自によると、海上自衛隊がソナーで発見し、水中カメラで塗装などを確認した。

 フライトレコーダー(飛行記録装置)の有無は明らかになっていないが、丸茂氏は「事故原因の究明を主な目的として、可能な限り速やかに引き揚げたい」と話した。

 緊急脱出して救助された1等空尉は2カ月程度、2尉は2週間程度の治療が必要と診断されたという。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索