FC店主「労働者に当たらず」 中労委、コンビニ団交拒否を容認

FC店主「労働者に当たらず」 中労委、コンビニ団交拒否を容認

 大手コンビニとフランチャイズ(FC)契約を結ぶ店主らでつくる団体が会社との団体交渉を求めて救済を申し立てていた問題で、中央労働委員会は15日、申し立てを棄却した。「FC店主は独立した事業者であり、労働組合法上の労働者には当たらない。団交に応じない会社側の対応は不当労働行為に該当しない」との判断を示した。

 セブン―イレブンとファミリーマートに団交を求めた2件の救済申し立てに対する判断。初審に当たる岡山県や東京都の労働委は、FC店主の労働者性を認め、団交に応じるように命じたが、中労委が覆した。中労委がコンビニ店主の労働者性を判断するのは初。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索