ツイッター処分裁判官に訴追請求 遺族「反省見られない」

ツイッター処分裁判官に訴追請求 遺族「反省見られない」

 ツイッターで東京の女子高生殺害事件に関する不適切な投稿をしたとして昨年3月に厳重注意処分を受けた東京高裁の岡口基一裁判官(53)が、処分後も関連する投稿をしたとして、女子高生の両親が19日、罷免を求めて国会の裁判官訴追委員会に訴追請求したと明らかにした。

 父親の岩瀬正史さん(50)は同日、都内で記者会見し「岡口氏には反省の様子が見られない。訴追制度があることを知り、私たちの意見も取り入れてもらわないと困ると思った」と話した。母親の裕見子さん(50)は「私たちの名誉は傷つけられ、生活の平穏も害されている」と訴えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索