警察庁、大阪の車通行自粛を要請 経団連に、G20期間中

警察庁、大阪の車通行自粛を要請 経団連に、G20期間中

 警察庁は22日、大阪市で6月に開催される20カ国・地域(G20)首脳会合で、交通規制による渋滞が予想されるとして、経団連に対し車両の乗り入れ自粛などの協力を要請し、関係団体への周知を求めた。

 大阪府警は6月27〜30日、要人の車列警護のため、大阪市内を中心に交通規制を実施予定。市内に流入する交通量を平日通常時の約50%に抑制する目標を掲げている。

 22日午前、警察庁の北村博文交通局長が東京都の経団連会館を訪問。「交通混雑を軽減するには、自動車利用者の理解と協力を得て、広域的な交通総量の抑制が不可欠」とする要請書を経団連の久保田政一事務総長に手渡した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索