東京医大、基準協会が不適合に 不正入試で認証評価を変更

東京医大、基準協会が不適合に 不正入試で認証評価を変更

 大学基準協会は26日、教育の質や入試の公正性などを審査する認証評価で、2017年度に適合と判定していた東京医科大(東京都新宿区)の判定を不適合に変更したと発表した。医学部の不正入試が発覚し、再調査していた。

 東京医大は17年度の認証評価時、協会に対し「入学者選抜が適切に行われている」などと報告。協会は今回、同大関係者への聞き取りや入試に関する第三者委員会の報告書を踏まえ「公正な学生の受け入れが実施されているとはいえない」と判断した。

 また協会は同日、18年度の認証評価結果を発表。法科大学院は3校を適合と判定した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索