両陛下、前大公死去で弔問 ルクセンブルク大使館へ

両陛下、前大公死去で弔問 ルクセンブルク大使館へ

 天皇、皇后両陛下は25日、長年の親交があったルクセンブルクの先代元首、ジャン前大公が98歳で死去したことを受け、東京都千代田区のルクセンブルク大使館を弔問のため訪問された。

 両陛下は前大公の写真が置かれた献花台に供花し、記帳した。宮内庁によると、天皇陛下は1953年に英国エリザベス女王の戴冠式で前大公夫妻に会って以来、家族ぐるみで親交を深めてきた。

 ジャン前大公は2000年に息子で現元首のアンリ大公に譲位。アンリ大公は17年11月に国賓として来日しており、皇居・宮殿で大公と会見した陛下は、前大公について「お元気ですか」と尋ねていた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索