五輪前にテロ・災害対策を NPOなどがフォーラム

五輪前にテロ・災害対策を NPOなどがフォーラム

 東京五輪・パラリンピックを前にテロや災害に備えようと、NPO法人NBCR対策推進機構と日本医師会が19日、フォーラムを都内で開いた。医療関係者や消防、民間企業の危機管理担当者ら約350人が参加。専門家が講演で、対策の必要性を訴えた。

 核災害や化学災害の対策を推進する同法人の伊藤克巳特別顧問は「テロや災害が発生してから消防が覚知するまでの時間、民間の防衛力が必要になる」と指摘し、病院や民間企業が導入すべき非常用通信機や化学剤検知器を説明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索