諫早訴訟、漁業権消滅の判断見直しか

 国営諫早湾干拓事業を巡り、国が堤防排水門の開門を強制しないよう求めた訴訟の上告審で、最高裁が国の請求を認めた二審判決のうち「漁業権消滅で開門を求める権利も失われた」との判断理由を見直す可能性があることが24日、分かった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索