火災で少女救出、那覇高生を表彰 「当たり前のことをした」

火災で少女救出、那覇高生を表彰 「当たり前のことをした」

 埼玉県越谷市の住宅火災で少女を救出した沖縄県立那覇高3年の玉城弘次廊さん(17)に24日、那覇市役所で、越谷市の高橋努市長から表彰状が贈られた。

 那覇市の城間幹子市長が代理で「危険を顧みず、迅速かつ適切な救助活動で人命を救助した功績は他の模範である」と表彰状を読み上げた。受け取った後、玉城さんは報道陣に「女の子が泣いて助けを求めていたので、自分が動いた方がいいと思った。当たり前のことをしたつもり」と話した。

 「将来は人助けできる仕事も考えたい」と玉城さん。城間市長に「市消防局に入ってください」と“勧誘”されると、「就職が決まるなら」と返し、笑いが起きた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索