全国で熱中症搬送460人 大分35度、今年初の猛暑日

全国で熱中症搬送460人 大分35度、今年初の猛暑日

 25日の日本列島は広く高気圧に覆われて気温が上昇し、各地でことし一番の暑さに見舞われた。大分県竹田市では午後2時半すぎに35.0度を記録し、全国でことし初めて35度以上の猛暑日となった。他に424観測点で30度以上の真夏日になった。熱中症とみられる症状で救急搬送された人は共同通信の全国集計で計460人に上った。

 26〜27日も全国的に真夏並みの厳しい暑さが見込まれ、まだ体が暑さに慣れていない時期のため、気象庁は熱中症対策を呼び掛けている。

 気象庁によると、各地の最高気温は京都府舞鶴市34.6度、愛媛県大洲市や岐阜県多治見市34.5度など。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索