新幹線「とき」「つばさ」足止め 羽越線で乗客が高台避難

 新潟県村上市で震度6強を観測した地震の影響で、上越新幹線燕三条―新潟間で「とき480号」、山形新幹線福島―米沢間で「つばさ159号」がそれぞれ足止めとなった。乗客はときが68人、つばさが約190人。ときは地震から約2時間半後に運転を再開した。つばさではバスによる輸送を検討している。

 国土交通省によると、JR羽越線では村上市内で乗客計約70人が、津波を避けるために列車から降りて高台に避難した。一部はタクシーで救出。残る乗客もタクシーやバスの手配を進めている。

 上越、東北、北陸の各新幹線は19日始発から通常運転の見通し。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索