秋篠宮ご夫妻が食器展を鑑賞 皇室ゆかりの大倉陶園

秋篠宮ご夫妻が食器展を鑑賞 皇室ゆかりの大倉陶園

 秋篠宮ご夫妻は22日、東京都渋谷区立松濤美術館を訪れ、日本を代表する洋食器メーカー「大倉陶園」(横浜市戸塚区)の100年の歴史をたどる特別展「華めく洋食器」を鑑賞された。

 大倉陶園の洋食器は、上皇ご夫妻が使用されるなど、皇室とゆかりがある。今回の展示では、皇室で一般のお食い初めに当たる「お箸初」の儀式で、天皇陛下が使用した食器と同じものも紹介している。

 秋篠宮さまは、昭和天皇と香淳皇后の誕生日祝いで作られた、栃木県の那須御用邸の花が描かれた皿を見て「シンプルで良いですね」と述べた。

 大倉陶園は1919年に創業。純白で強度に優れた磁器を作ることに成功した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索