上半期の交通事故死者1418人 最少ペース、19年

 今年上半期(1〜6月)の全国の交通事故死者数は1418人(前年同期比185人減)で、統計がある1948年以降で最少となった昨年(3532人)を下回るペースであることが22日、警察庁のまとめで分かった。65歳以上の高齢者は801人(107人減)で、全体の半分以上を占める結果となった。

 事故状態別では、歩行中が501人(80人減)と最も多く、次いで自動車乗車中489人(74人減)、二輪車乗車中223人(42人減)、自転車乗車中199人(9人増)と続いた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索