川崎中1殺害訴訟、4被告が控訴 5500万円の賠償命令不服

 川崎市の多摩川河川敷で2015年に殺害された中学1年上村遼太さん=当時(13)=の遺族が、殺人罪などで服役している元少年3人と、それぞれの親に慰謝料などを求めた訴訟で、被告4人が14日までに、一部の親を除き計約5500万円の支払いを命じた横浜地裁判決を不服として東京高裁に控訴した。

 地裁判決では、殺人事件に対する元少年3人の責任を認めたほか、親については不良交遊の深刻化を認識していたのに「具体的な対策を講じなかった」と認定し、一部の親を除いて6人に賠償を命じた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索