東北新幹線、高速走行中ドア開く 清掃時コック閉めず、けが人なし

東北新幹線、高速走行中ドア開く 清掃時コック閉めず、けが人なし

 21日午前10時15分ごろ、東北新幹線の仙台発東京行きはやぶさ46号が、仙台―白石蔵王間を時速約280キロで走行中に9号車の進行方向右側のドアが開いたことを示す表示が出たため、運転士が緊急停止させた。ドアが開いているのを確認した車掌が閉めて安全を確認。約15分後に運転を再開した。けが人はいなかった。

 JR東日本によると、ドアは約40秒間開き、緊急停止した反動で全開になった。仙台駅出発前の清掃時に、作業員がドアコックと呼ばれる手動でドアを開けるための装置を閉め忘れたのが原因だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索