福島とメキシコ、合同公演 震災で相互支援の絆確認

福島とメキシコ、合同公演 震災で相互支援の絆確認

 東日本大震災で被災した福島の中高生らが参加し、当時支援を行った地震国メキシコとの絆を記念するコンサート「逆境の時の友こそ真の友」が24日、東京都内のメキシコ大使公邸で開催、復興支援曲「花は咲く」などを合唱した。メキシコ中部で2017年に起きた地震の際などには日本が援助隊を派遣した。

 東京電力福島第1原発事故で、一部が避難指示区域となった福島県川俣町の県立川俣高校合唱部が「会津磐梯山」などの民謡を響かせると、会場に手拍子が響いた。同高3年の菅野絢加さん(18)は「農業をはじめ産業が大きなダメージを受けたが、復興に向け一歩一歩進んでいる」とあいさつした。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索