豚コレラ、関東に拡大 埼玉の養豚場、発生5県目

豚コレラ、関東に拡大 埼玉の養豚場、発生5県目

 農林水産省は13日、埼玉県秩父市の養豚場で飼育している豚が豚コレラに感染していたと発表した。養豚場で豚コレラが発生したのは岐阜、愛知、三重、福井に続き5県目で関東地方では初。関東に拡大したことで、農水省に対しワクチン接種の検討を迫る声が高まる可能性もある。埼玉県は緊急対策会議を開き、この養豚場で飼育する678頭を14日中に殺処分する方針を決めた。

 秩父市の養豚場から山梨県笛吹市の山梨食肉流通センターに11日、37頭が出荷された。12日に1頭が死に、ほか3頭にも内臓に異常がみられたため山梨県が遺伝子検査した結果、感染の疑いが排除できず、国が検査し確定した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索