長野・高森の2養豚場で豚コレラ 112頭の殺処分開始

 長野県は19日、高森町で同じ農家が経営する二つの養豚場の豚が、豚コレラに感染していたと発表した。県は飼育している計112頭の殺処分を始めた。県内では、14日に県畜産試験場(塩尻市)でも豚コレラが確認されていた。

 県によると、二つの養豚場は畜産試験場と同じ食肉処理場に豚を搬入しており、車両などを通じて豚コレラが拡大する恐れがあるとして、監視対象農場に指定されていた。17日に立ち入り検査した際に発熱症状のある豚が見つかり、血液検査の結果、18日に陽性反応が出た。より詳しく調べるため、豚を解剖して遺伝子検査していた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索