台風17号、東シナ海へ北上 西日本中心に暴風雨警戒

台風17号、東シナ海へ北上 西日本中心に暴風雨警戒

 大型で強い台風17号は21日、沖縄に接近し、東シナ海に向け北上した。22日には対馬海峡付近から日本海へ移る見通し。日本の南の前線も暖かく湿った空気が入り、活動が活発となっている。気象庁は西日本を中心に暴風や大雨、海上のしけに警戒するよう呼び掛けている。レーダーの解析では、21日朝、宮崎市付近で1時間に120ミリ以上の猛烈な雨となった。

 気象庁によると、台風は勢力を維持したまま、23日以降、北陸から北日本に近づくとみられ、こうした地域でも荒れた天候に警戒が必要だ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索