CO中毒で3人搬送、佐賀 停電で自家発電機を使用

 佐賀県は23日、台風17号の影響で停電した佐賀市川副町の住宅の室内で、自家発電機を使って男女3人が一酸化炭素(CO)中毒になり、救急搬送されたと発表した。3人とも命に別条はない。

 県と佐賀広域消防局によると、搬送されたのは住人の男性(48)と妻(44)、息子(20)の3人。23日午前3時半ごろ、妻が「室内で発電機を使っていて家族が意識をなくした」と119番した。病院到着時には、全員意識がはっきりと回復していたという。

 九州電力によると、川副町内は22日深夜から23日早朝まで停電した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索