奈良の小1殺害15年を前に集会 通った学校、命の大切さ考える

奈良の小1殺害15年を前に集会 通った学校、命の大切さ考える

 奈良県で2004年に小学1年の有山楓ちゃん=当時(7)=が誘拐、殺害された事件の発生から17日で15年となるのを前に、楓ちゃんが通った奈良市立富雄北小で15日、児童の安全や命の大切さを考える全校集会が開かれた。

 事件の記憶を受け継ぎ、子どもたちが同様の悲劇に巻き込まれないようにするため、同小が毎年実施している。600人近くの児童が午前8時半ごろ、体育館に集合。事件を受けて集団登下校を始めたことを説明し「見守られていることを当たり前と思わず、感謝の気持ちを持ち続けて」と語る後藤誠司校長(56)を前に、安全に行動することを誓った。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る