法王、日本とタイ歴訪出発 被爆地から核廃絶発信へ

法王、日本とタイ歴訪出発 被爆地から核廃絶発信へ

 【ローマ共同】ローマ法王フランシスコは19日夜(日本時間20日未明)、タイと日本の2カ国歴訪のためローマを出発した。23日からの日本滞在中に被爆地の広島と長崎を訪れ、核兵器廃絶のメッセージを世界に向けて発信するほか、東京で東日本大震災の被災者とも交流する。

 ローマ法王の日本訪問は、故ヨハネ・パウロ2世の1981年2月以来、38年ぶり2度目。

 安倍晋三首相が2014年にバチカンで法王と会談し来日を招請。17年から18年にかけて、広島県知事や広島市長、長崎市長らが相次いで法王の一般謁見に参列し、被爆地訪問を要請した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る