東京・お茶大付中で教諭が体罰 男子生徒が蹴られ骨折

 お茶の水女子大付属中(東京都文京区)で9月中旬、30代の男性教諭が2年の男子生徒を足で蹴り、あばら骨を折る体罰を加えていたことが21日、関係者への取材で分かった。警視庁大塚署が傷害の疑いで教諭から事情を聴いており、教諭は大筋で認めているという。

 捜査関係者らによると、教諭は放課後に生徒を足で蹴った。学校は9月下旬に大塚署に相談。その後、臨時保護者会を開いて経緯を説明した。生徒は既に回復しており、教諭は自宅謹慎しているという。

 お茶の水女子大の広報担当者は「不適切な事案があったことは事実だが、警察に相談しているので詳細は話せない」としている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

社会 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

社会 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る