東京都青梅市の自宅で無職小川和男さん(67)が殺害された事件で、110番に使った固定電話は、小川さんが倒れていた台所のすぐ近くに設置されていたことが15日、警視庁青梅署捜査本部への取材で分かった。受話器は置かれた状態で、通報を終えた直後に襲われたとみて、捜査本部が状況を調べている。

 捜査本部によると、小川さんは14日午前1時55分ごろ、「寝ていたら音がして男が逃げていった。中年で小太りの男が泥棒に入ったようだ」などと110番。電話は台所の入り口付近にあり、小川さんは台所の奥の方で倒れていた。

 発見時は上下灰色のスエット姿で、靴下とスリッパを履いていた。