日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、衆院議員秋元司容疑者(48)=収賄容疑で再逮捕=側が、広東省深セン市にある中国企業「500ドットコム」本社などを訪問した際の旅費について、同社側から架空の領収書を受け取った疑いのあることが15日、関係者への取材で分かった。

 東京地検特捜部は、旅費約150万円相当の供与を受けたなどとして、14日に秋元容疑者を再逮捕した。架空の領収書で旅費の支払いを偽装したとみて調べている。