兵庫県明石市の泉房穂市長(56)が13日に開かれた新年会で、夏祭りに関する提言書の提出を巡って市議と口論になり「やめてしまえ」と発言していたことが15日、分かった。泉氏は取材に対し、暴言と認めて謝罪した。

 泉氏は市幹部に「燃やしてこい」などと暴言を浴びせていたことが昨年1月に発覚し、厳しい批判を浴びた。責任を取って辞職し、同3月の出直し選に出馬し当選した。