衆院議員の船橋利実氏(59)=比例北海道=が今月上旬に道内の有権者にお年玉付き年賀はがきを送っていたと報じられ、同氏の事務所は15日までに「年賀状を出すようなことはしていないが、届いていたのであればなんらかの事務の手違いだ」とするコメントを出した。公職選挙法は議員が選挙区内の有権者に年賀状などのあいさつ状を送ることを禁じている。

 船橋氏はカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」側が現金を渡したと供述した衆院議員5人のうちの1人。