16日午後3時45分ごろ、大阪市住之江区北加賀屋2丁目の市立加賀屋小で「けが人が出ている」と119番があった。市消防局によると、工事用の塗料とみられるものが校舎の屋上から落下し、下にいた男子児童8人と女性職員1人が病院に運ばれた。全員意識はあり、症状は軽いという。

 住之江署などによると、落下したのはプライマーと呼ばれる塗料の一種とみられる。当時は防水工事の作業中で、工事関係者が誤って落とした可能性がある。塗料がかかった児童もおり、職員が洗い流すなどした。