2015年11月に茨城県取手市立中3年の女子生徒=当時(15)=がいじめを受け自殺した問題で、市教育委員会の第三者委員会は18日、複数の教員が連携して対応するシステムの導入など再発防止策の最終提言を取りまとめた。当時の市教委の対応を厳しく批判し、「教育風土を抜本的に変えていく覚悟が求められる」とした。

 第三者委は、複数担任制などを導入した上で、生徒の状況を教員間で共有する仕組み構築の必要性を強調。いじめに関するアンケート実施後に生徒と面談することや、生徒が相談できる外部機関の確保なども求めた。