性暴力撲滅を訴える「フラワーデモ」が各地で開かれた11日、名古屋市でも性被害に遭った経験のある女性や賛同者ら約100人が集まり、「性暴力を許さない」などと書かれたプラカードを掲げ、スピーカーの話に聞き入った。

 スピーカーとして参加した女性は「顔見知りの男性から被害に遭ったが、しばらく誰にも相談できなかった。このデモに出て自分だけではないとほっとした」と話した。セクハラや性暴力の体験をその場でカードに書き、掲示する場所も設けられた。

 性犯罪を巡って各地で無罪判決が相次いだことをきっかけにデモが始まった。