新潟県長岡市で昨年6月、生後3カ月の長女を階段から落として殺害したとして、殺人罪に問われた母親の市職員伊藤法子被告(31)の裁判員裁判初公判が13日、新潟地裁(山崎威裁判長)で開かれ、伊藤被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で「長女にミルクをあげても泣きやまず、殺せば泣きやむと考えて階段から落とした」と指摘。産後うつで心神耗弱状態だったが、責任能力はあったと主張した。

 弁護側は「重度の産後うつと診断され、自分なりに周囲にSOSを出していた」として、寛大な判決を求めた。