0歳の長男を暴行し頭に重傷を負わせたとして、自称茨城県神栖市の配管工の男が傷害容疑で逮捕された事件で、双子の次男も頭のけがなどで入院していたことが13日、捜査関係者への取材で分かった。千葉県警は、男が次男にも暴行を加えた可能性があるとみて調べている。

 逮捕されたのは石川聡史容疑者(29)。捜査関係者によると、次男は昨年10月に入院。続いて長男も同月31日に入院したため、病院が不審に思い、児童相談所を通じて警察に連絡した。

 県警は12日、昨年9月から10月にかけて千葉県銚子市にある妻の実家で長男に暴行を加えたとして、傷害容疑で石川容疑者を逮捕した。