静岡県警藤枝署は21日、自宅で出産した新生児の娘を殺害したとして殺人の疑いで、藤枝市西方、母親の無職粟野亜希子容疑者(38)を逮捕した。同署は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年12月18日早朝、自宅で同日出産したばかりの娘を何らかの方法で殺害した疑い。

 藤枝署によると、粟野容疑者は同18日午前9時50分ごろ「子どもを出産したが死んでいる」と自ら119番していたが、司法解剖の結果などから、意図的に娘を死なせた疑いが強まったとして逮捕に踏み切った。

 複数の近隣住民によると、粟野容疑者は夫と子ども4人、夫の両親との計8人暮らし。