1995年3月の地下鉄サリン事件などに関与し、2018年に死刑が執行されたオウム真理教元幹部の中川智正元死刑囚=執行時(55)=が「未来のテロリスト」に向けて「自らの意思でテロを思いとどまってほしい」との願いを込めた英文のメッセージを残していたことが22日、分かった。生前、この英文を作成したことについて、中川元死刑囚の裁判を担当した弁護士を通じて共同通信に伝えていた。

 英文に日付や題名はなく、この弁護士が文書を保管、今年3月初めに共同通信が提供を受けた。地下鉄サリン事件に触れ「犠牲者や遺族にとって極めて有害だった」と自戒の念もつづっている。