東京都が新型コロナウイルスの感染拡大に伴うイベントの自粛継続などを明らかにした23日、小池百合子知事は自ら記者会見を開いて方針を説明し「オーバーシュート(爆発的患者急増)の分かれ道。命を守るための協力をお願いしたい」と厳しい表現で危機感を強調した。背景にあるのは、長く続く自粛への飽きや気の緩みへの警戒だ。

 暖かく桜の開花が進んだ3連休の都内は花見の名所を中心に多くの人出があった。満員電車は時間帯によってはなお解消されず、新宿などの繁華街も人出の多い状態が続く。