岐阜市立中3年の男子生徒=当時(14)=が昨年7月に自殺し、市教育委員会の第三者委員会が同級生のいじめが主要因と指摘した問題で、岐阜県教委は23日、いじめへの十分な組織的対応を行わなかったなどとして、同中学の男性校長(57)ら3人を減給の懲戒処分とした。昨年9月に退職した当時の男性担任(33)は懲戒処分相当とされた。

 県教委によると、校長は減給10分の1(3カ月)、男性教頭(51)と学年主任の男性教諭(42)は減給10分の1(2カ月)。当時の担任は減給10分の1(6カ月)相当となった。

 男子生徒は昨年7月、自宅近くのマンションから飛び降り自殺した。