矯正治療などで患者の歯を不必要に削ったとして、傷害罪に問われた岡山市の歯科医(55)の判決で岡山地裁は24日、無罪を言い渡した。求刑は懲役3年6月だった。