広島地検は公選法違反罪で起訴した河井案里参院議員の公設秘書について、連座制の対象となる組織的選挙運動管理者に当たるとみて、迅速に審理する「百日裁判」を申し立てた。