弁護士らで構成する大阪市の公正職務審査委員会は24日、部下の市職員に「役立たず」「本当にばか」と発言しパワハラをしたとして、市の貴納順二代表監査委員(75)に言動を改めるよう勧告した。松井一郎市長にもパワハラ防止に向け、職場環境の改善措置を求めた。貴納氏は勧告を受け、同日辞職した。

 監査委員は、地方自治法に基づき自治体の業務や支出が適正かどうかチェックする役割。大阪市には4人いる。貴納氏はプリマハムの元社長で、代表監査委員を2014年から務めていた。